女医

元気な赤ちゃんを産もう!妊娠中は葉酸サプリがおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の食事

看護師

妊娠中、赤ちゃんはママから栄養をもらいながら羊水に守られて成長していきます。妊婦さんは赤ちゃんに良質な栄養を届けるためにもバランスのとれた食事を心がけていく必要があります。味付けは薄味にして高たんぱくで低カロリーの食事にしていくと、体重管理もしやすくなります。妊娠中から添加物の多い食べ物は避けたりできるたけ手作りの食事にする習慣をつけておくと産後の母乳育児の際に役立ちます。また、妊婦さんは貧血に悩む方も多いため、鉄分やカルシウムといった栄養も摂取する必要があります。なかでもカルシウムは現代人は不足気味の栄養ですが、赤ちゃんの骨や細胞機能を調節する働きと妊婦さんの気持ちを安定させる働きもあることから積極的にとるといいです。

妊婦さんは自身はもちろん赤ちゃんの健康のことも考えて健康的な食事をとることが基本となります。妊婦さんが特に意識してとる栄養素として鉄、カルシウム、食物繊維、葉酸があげられます。妊娠中はホルモンの変化で便秘になりやすくなるため、便秘の予防に食物繊維の豊富な食べ物をとることが必要です。また、食事はパスタやチャーハン、カレーといったワンプレートの料理より定食風にすることで自然とバランスがとれます。忙しくてなかなか時間がとれないときや手間がかかるのが無理なときには、市販のおかずや加工食品に野菜などを加えるだけでも栄養バランスが整います。栄養バランスが整うことで健康的な体を作ることができ、赤ちゃんも健康に成長していきます。