女医

元気な赤ちゃんを産もう!妊娠中は葉酸サプリがおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

体を丈夫にする栄養素

女性とベビー

赤ちゃんの骨や歯を守る

妊娠すると、女性の体は劇的に変化を遂げます。胎児へ酸素や栄養素を運ぶため、妊婦はいろいろな栄養素が欠如しやすくなります。その一つが貧血です。妊娠すると血液量が増えますが、それは血の水分としての量が増えるだけであり、赤血球などの成分が増加するわけではありません。そのため貧血傾向になるのです。また、カルシウムも妊婦が摂取した分がへその緒から胎児へと運ばれるため、カルシウムが不足しやすくなります。カルシウムは妊婦自体にももちろん必要な栄養素ですが、胎児の骨や歯などを形成するために必要不可欠な成分です。妊娠がわかったら、貧血対策やカルシウム不足を補う必要があります。カルシウム摂取量の不足により、妊婦の骨ももろくなる可能性があるのです。

食品やサプリメントで補う

カルシウムは骨や歯を守るために必要な栄養素です。食事で補う場合は、牛乳やチーズなどの乳製品をはじめ、大豆・小魚・小松菜・海藻類・干しエビなどに多く含まれているので、料理に取り入れてみましょう。しかしながら、カルシウムを過剰なほどにとりいれることはかえってマイナスです。摂取しすぎると、吐き気や体のかゆみなどの症状が現れることがありますので、注意しましょう。また、カルシウムはサプリメントで補うと手軽に効果を得ることが出来ます。妊婦に人気があるのは、カルシウムと妊娠中に必要な栄養素と言われている葉酸が一緒に入っているものです。葉酸の他に鉄分・ビタミンC・ビタミンDなどが複合的に入っているサプリメントは妊婦の強い味方となります。